> 国内旅行 > 国内観光 > 一度は行ってみたい日本の絶景…

一度は行ってみたい日本の絶景!世界自然遺産 知床・白神山地・小笠原諸島・屋久島

北海道 知床

Photo:Fricker – Troy Jack

 2015年7月に世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が記憶に新しいですが、日本には7月現在、合計19件の世界遺産と、合計10件の「暫定リスト」記載物件があります。
 
 まずユネスコ(UNESCO)が登録する世界遺産には、その特質に応じて「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」に分類されています。この記事では、一度は行ってみたい絶景である日本の自然遺産をご紹介します。
 

北海道・知床

 
北海道 知床

Photo:Fricker – Hajime ITO

 2005年7月に世界自然遺産に登録された北海道の東端・知床は、海から陸へとつながる生態系がわかりやすく見られることや、希少な動植物の生息地となっていること、そしてこれらを保全していくための管理体制が整っていることが評価されました。
 
北海道 知床 オジロワシ

Photo:Fricker – Jens Rudnick

 知床には、シマフクロウやシレトコスミレなどの絶滅危惧種や希少な動植物が分布。ヒグマやエゾシカ、トドやアザラシなどの大型哺乳類も生息しているほか、オジロワシやケイマフリなど、国際的に希少な海鳥も繁殖しています。
 

見どころ

 
 知床半島をつくる知床連山の山すそに点在する、大小5つの火山性堰止湖「知床五湖」や、滝の上にある展望台からはオホーツク海や知床連山を遠望でき、日本の滝百選にも選ばれている「オシンコシンの滝」など、自然・景勝地が人気の観光スポットです。
 

青森県、秋田県・白神山地

 
青森 秋田 白神山地

Photo:Fricker – C.K. Tse

 1993年12月に世界自然遺産に登録された白神山地は、青森県南西部と秋田県北西部にまたがる広大な山地帯の総称です。人為の影響をほとんど受けていない世界最大級の原生的なブナ林が分布し、多種多様な動植物が生息・自生するなど、貴重な生態系が保たれています。
 
青森 秋田 白神山地

Photo:Fricker – C.K. Tse

 約13万haの山地帯のうち、ブナ林で占められている区域16,971haが世界遺産として登録。地質は9,000万年前ごろの白亜紀にできた花崗岩を基盤に、2,000万年前~1,200万年前ごろの堆積岩と、それを貫く貫入岩類で構成しています。地形の特徴は深い谷が入り組んでいて、落差の大きな滝も数多く、景観にも優れています。
 

見どころ

 
 推定樹齢400年のブナ巨木「マザーツリー」や、白神山地を源にもつ赤石川の中流部にある、日本の滝百選にも選ばれた「くろくまの滝」、ブナ林に囲まれた湖沼群「十二湖」では、特に青いインクを流したような色である「青池」が人気です。
 

東京都・小笠原諸島

 
東京 小笠原諸島

Photo:Fricker – Shinichiro Saka

 2011年6月に世界自然遺産に登録された小笠原諸島は、東京の南はるか1,000kmにある島々で、全域が東京都小笠原村に属しています。小さい島でありながら、小笠原でしか見ることのできない固有種の割合が高く、進化の過程がわかる貴重な証拠が残されていることが評価されています。
 
東京 小笠原諸島

Photo:Fricker – LuxTonnerre

 小笠原諸島は形成以来ずっと大陸から隔絶されていたため、島の生物は独自の進化を遂げており、「東洋のガラパゴス」と呼ばれるほど。周辺海域にはクジラやイルカも生息しています。また、太陽が水平線に沈む直前の一瞬だけ、太陽が緑色に輝く「グリーンフラッシュ」という現象への遭遇率も高いことで知られています。
 

見どころ

 
 小笠原諸島でも人気の高い島「父島」では島全体が観光スポットで、父島のビーチ「小港海岸」が人気で、夜は星も楽しめます。ホエールウォッチングシーズンにはクジラも見られる「三日月山展望台」では、夕日の撮影スポットとしても人気を博しています。
 

鹿児島県・屋久島

 
鹿児島 屋久島

Photo:Fricker – ajari

 1993年12月に世界自然遺産に登録された屋久島は、鹿児島県の南西部、九州最南端の佐多岬から南南西に60kmほどの位置に浮かぶ島で、近隣の種子島や口永良部島などとともに、大隅諸島を形成しています。島の90%が森林で、樹齢7000年といわれる縄文杉をはじめ、樹齢1000年を超える「屋久杉」でも有名です。
 
鹿児島 屋久島

Photo:Fricker – Shipher (士緯) Wu (吳)

 屋久島はほぼ全域が山地で、九州最高峰の宮之浦岳をはじめ、標高1,000mを超す山々が46座あり、洋上のアルプスとも呼ばれています。この地形がおりなす気候には、亜熱帯から亜寒帯までが含まれるため、九州から北海道の気候が一つの島でみられます。
 

見どころ

 
 映画「もののけ姫」の舞台になったといわれている、原生林や苔むした深山幽谷の景観が広がる「白谷雲水峡」や、落差60mの巨大な一枚岩から流れ落ちる「千尋の滝」のほか、満潮時に海没する「平内海中温泉」などの温泉も人気です。
 
 
Source:UNESCO World Heritage Centre
Writer:あちゃ

 
Top